FC2BLOG 新・電子の花火と夢のあと

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタ

もはややる気のないブログですが、面白いネタ画像を拾ったので貼り付けておこう。


nanoha.jpg



この動画の一場面だったんだけど、あまりにも面白いシーンだったので・・・。




うーん、やる気ないブログだなぁw

それでもボクはやってない

残業から帰ってきて、両親がテレビを見てました。
そうだった、『それでもボクはやってない』の放映日だった・・・。
普段、僕のHDDレコーダーはアニメしか録ってないので、うっかり録画予約を忘れていました。
最近、テレビ自体見てないからなぁ・・・。

などと途方に暮れていたら、父親が居間のHDDレコーダーで録画予約を入れていたようです。
素晴らしい! 我が父親ながらナイスだ!
でも映画を途中から観てもアレなので、その日は自室に籠もってニコニコ動画を見たわけですがw


で、さっき録画しておいた『それでもボクはやってない』を観ました。
この映画は、主人公が痴漢えん罪で起訴されて、その裁判の様子を描いた物語なのです。
観ていて恐ろしくなると同時に、沸々と怒りが沸いてくる映画ですね。

主人公は、ごく普通のフリーターなんです。
ごくごく善良な一市民です。
ですが、彼が乗った通勤電車で痴漢被害を訴える女の子に捕まってしまってから、彼の人生が大きく変わってしまいます。
主人公は痴漢なんてしてないし、その日は大事な面接があって急いでいました。
しかし、「話は聞くから」と駅員に促されて、駅員室へ行ったのですが、駅員は主人公の話をろくに聞きません。
それどころか主人公は、いつの間にやら警察に身柄を拘束されてしまったのです。
誰一人として、主人公の言うことには耳を傾けないまま・・・。

取り調べをする刑事は、主人公が痴漢をしていると決めつけています。
調書を取っても、全てが警察側に都合の良いように書かれてしまいます。
挙げ句には、「罪を認めれば早くここから出してやる」など言ってきます。
しかし主人公はやってない罪を認める事が出来ず、断固拒否し続けます。

そうしていたら起訴され、裁判が始まってしまうのです。


僕は司法の事とか、全く知識のない人間なのですが・・・これは酷いと思いました。
検察も最初から主人公を犯人扱い。その上、自分達に都合の悪い証拠は出さないし、警察の捜査もおざなりで、主人公の主張の裏を取るような捜査は一切やってないのです。
被害者の女性の主張だけで、起訴され、審理されているのです。
主人公が犯人ではない可能性に対しては何も捜査していないのです。
それなのに、審理は進んでいきます。

そう。主人公が犯人でないのなら、被告側が無実である証拠を提出する必要があるのです。

これもおかしな話です。
捜査機関である警察が、主人公に痴漢が出来たかどうかもろくに捜査せず、被害者の女性が「後ろにいた人が痴漢した」という証言だけを重要視しているのです。
本来なら、主人公にその痴漢行為が可能だったか、本当に痴漢をしたのが主人公だったのかを捜査・立証するのが警察の役割であるのにも関わらず・・・。
痴漢事件に物証なんてありませんから、被害者女性の証言だけが重要な証拠として扱われていくのです。

その上、裁判で審理で検討される証拠は、全て検察が握っています。
弁護側には検察が提出される証拠のみで裁判を戦わなければならず、検察が重要な証拠を持っていると思っても、検察に提出申請をする事しかできないのです。
それも、検察が不適当だと思ったら、あっさりとはねのけられてしまいます。


起訴された時点で、主人公の罪は確定されているという前提で、審理が進んでいきます。
しかも厄介な事は、警察も検察も裁判所も全て官僚機構だと言う事なのです。
警察も検察も、主人公が犯人だと思ったから起訴した。
裁判所は審理はするが、警察と検察が揃えた証拠は絶対のはずだから、その趣旨に沿って話を進めます。
そう、官僚機構故にその事件の真相がどうよりも、それぞれの面子を守る方が重要なのです。
物語の中でも、「裁判官が無罪を出すと、検察にも裁判所にもいい顔されないし、出世も遠のく」という台詞も出てきたりします。

こうなってくると、裁判自体が茶番に見えてきます。
主人公の人生を決める重要な舞台なのに、司法に携わる人々にとっては自分達の主張が正しいという再認識の場でしかないのです。
こんなおかしな事があっていいのでしょうか・・・。

しかしこの映画公開当時、テレビのインタビューでこの映画の監督は「そんなバカな事があるかって思うでしょうが、これが日本の司法の現実なのです」と言っていたのを思い出しました。
今まで身近でなかったら、全然気にならなかったけど・・・もし自分が主人公の立場に置かれたら、と考えると恐ろしいです。
それと同時に、人の人生を決める大事な舞台を、事務作業をこなすかのように進む現在の司法の実態というものに怒りが沸いてきます。


本当に素晴らしい映画でした。
このような重いテーマを扱っていながら、全然難しいところも説教臭いところも一切ありません。
純粋に物語を楽しんでいたら、日本の司法が抱える問題がするすると頭に入ってくるような感じの作りなのです。
社会派の作品でありながら、きちんとエンターテイメントとして成立している。
本当に、素晴らしい映画でした。

放置してたら、えらいことに・・・w

どうも、1ヶ月も放置してました。
いや、忙しかったり、旅行へ行ったりしてましたから。
旅行のことは・・・今度書こう。

実は、デジタル一眼レフを買ったのですよ。
カメラにはそんなに興味はなかったのですが、去年の旅行で携帯カメラじゃ思うように景色が撮れなかった事が悔しかったのです。
そんな事を漠然と思っていたら、姉夫婦が揃いも揃ってデジタル一眼レフを買っていたのですよ。
それで少し触らせて貰ったら・・・欲しくなりましたw

そんなわけで、僕もデジタル一眼レフで写真撮りまくりです!


カメラを買って、何を撮るか・・・。
悩みませんでした。
僕は景色を撮るのが好きなのです。
思えば、子供の頃に家族旅行へ行ったとき、使い捨てカメラで風景を撮ろうとしたら母親に怒られてました。
風景じゃなくて、家族を撮れと。
僕は人を撮るよりも、この目で見てる景色を撮りたかったのに・・・。

そんな思いは忘れてましたが、帰り道で見る夕日や雲が綺麗だったりすると、何か形に残して起きたいと、前々から思っていました。
このカメラは、まさに僕のそんな思いを形にしてくれる夢の機械なのです。

そんなわけで、休みの日は何となく近場を散歩しながら色々撮ってます。

DSC_0507.jpg


DSC_0513.jpg


DSC_0539.jpg


こんな風に、歩いては良いなぁ、と思える写真を撮りまくりです。
あー、なんて楽しいんだろう。
何でもない日常の中にも、視点を変えるだけで格好いいと思える風景はたくさんあるのです。
それを見つけるのも、風景写真の魅力なのかも。

個人的ヒット曲集

2008年が始まって、いきなり放置中のブログです。
とりあえずここは適当なネタでお茶を濁しておこう。

そんなわけで、巷で話題のボーカロイド達の曲で、僕が気に入っている曲をつらつらと紹介したいと思います。
基本的にはマイナー路線の楽曲で、ランキングには入ってなさそうなものをチョイスしようかと。

それではいってみよー。




MEIKO姉さんの名曲です。
激しくロックな曲調で、ちょっと寂しい歌詞をMEIKOが熱く歌い上げます。
曲も好きだけど、歌詞が凄く好きです。


  あの歴史はもう忘れた人の方が多い
  勝った者が正義になってた時代の話
  僕が死んだら何日で皆忘れるだろう
  辿り着く答えなんてきっとないのだろう


まさしくロック!
シビれる歌詞です。
日本語ロックはやはり良いなぁ。

ちなみにこの曲は結構人気のある曲らしく、様々なMADが作られています。



その中でも一番の出来はこれ!
大河ドラマの新撰組とMEIKO姉さんの『忘却心中』の驚異の組み合わせです。
全然接点のないものが組み合わさっている一風変わったMADですが、実は映像と歌詞の内容のシンクロ率が異常なほど高いです。
これはいいものだ・・・。



続いてはこの曲。



この曲は癖になります。
繰り返させるフレーズ。思い出したように歌い出すミク。
凄く心地良いです。
日本語で歌ってるのに、聴いている限りじゃ上手く意味を掴めません。
そこがまた不思議な感じが出ています。
日本語の歌なのに、どこか違う世界の歌のような・・・変わった雰囲気です。





はちゅねミクが戦車に乗って大爆走。
ついでにパンツァーリートも歌います。
・・・あれ?
もはや歌動画じゃないような・・・。
まあいいかw

ちなみにミリタリーに全然興味がない僕が、なぜこの歌を知っていたかというと・・・



このゲームをやっていたからです。
1曲目のパンツァーリートがドイツターンの時にエンドレスで流れるのです。
そりゃあもう洗脳されますさ!w
このゲーム、途中で挫折したけど面白かったなぁ。
大戦略だけど補給関連のシステムが簡略化されてて、凄く取っつきやすかったし。
まさにファイアーエムブレムとかああいう感覚でプレイできる良質シミュレーションでした。



そしてこれ。



クラフトワークの『コンピューター・ラヴ』という曲に、日本語歌詞を付けたカバー曲です。
元々音楽に疎い僕は、最近クラフトワークの存在を知ったわけですがw
彼らの過去の楽曲を聴いてると、電子音が心地よくて大好きになりました。
そんな風にクラフトワーク関連の動画を漁っていたら、この曲を見つけたわけです。
この曲が実に素晴らしい。
曲が良いのは当たり前ですが、日本語歌詞がもう・・・凄く切ないです。
それなのに、もの凄く感情豊かに初音ミクは歌い上げます。
そのギャップが、聴く者の涙を誘います。

ついでに原曲も張っておこう。






まだまだ続くよー。



『数学ガール』という小説を元に作っている曲らしいです。
初音ミクがさわやかに、青春のあの甘酸っぱい時間を歌い上げます。
メロディも優しくて、何度でも聴きたくなる良い曲です。



以上、最近僕がハマっているボーカロイド曲でした。
毎週ボーカロイドランキングをチェックして有名な曲を聴きに行くのも良いけど、マイペースに自分の気に入った曲を探すのも楽しいです。
これだからニコニコ動画をやめれないのです。

しかし初音ミクの存在は本当に大きいですね。
僕がクラフトワークを最近知ったのも、初音ミクのおかげだったりしますし。
一部で有名なHMOでYMOの存在を知った人がいるように、初音ミクは音楽に興味がなかった人まで巻き込んで、音楽の広がりを助けているように見えます。
実はこれ、もの凄い事じゃないのかな?
”初音ミク”という存在を中心に、音楽というものが集約されていく感覚・・・。
例えそれがニコニコのような局地的な現象であっても、少なくともそこにいる人達の”音楽”に対する認識を変化させているわけで・・・。
上手く言葉にできないけど、何かもの凄い熱気というか、エネルギーを感じます。


実在しない電子の歌姫・・・。
曲も、情報も、全て彼女の元に集約されるのに、彼女自体は体すらもないデータだけの存在。
でも、意思は存在する。
彼女を愛する人達が、それぞれの”初音ミク”の意思を紡ぎ出してゆく。
広がる意思は、やがて人々の無意識へ浸透していって・・・。


あぁ、なんか色々妄想するとわくわくしてくる!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も放置が多くなりそうですが、よろしくお願いします。


そんなわけで、新年一発目のネタは・・・

コミックマーケット73レポート

で行きたいと思います。
「いきなりそれかよ!」なんてツッコミが聞こえてきそうですが、苦情は8番窓口までお願いします。WRYYYYYYYYYYYN!!

参考資料:【鏡音リン】ロードローラーの逆襲【オリジナルソング】


さて、今回のコミケはぶらりひとりコミケでした。
まあ、買い物するのはひとりの方が身軽でやりやすいしね。
僕のここ数年の嗜好は、同人ゲーム&ゲームアレンジCDになっています。
というわけで、早速西館へ。

しかしコミケカタログのCD-R版がえらい便利で驚いた。
マップとチェックしたサークルを印刷できるのですよ。
しかもサークルカットを載せて。
その上レイアウトも何パターンかあって、お好みで使えるようになっています。
次の夏もカタログはCD-R版に決定だね!

てなわけで、早速チェックしたサークルを回ります。
ふふふ、今回は凄く面白いものを発見していたので、是非とも買わねばならないアイテムがあったのですよ。
これです。
ギャラクシアン3の音楽をオーケストラアレンジですってよ、奥さん!
スターイクシオンでも、ギャラガの音楽とかがオーケストラアレンジで感動したぐらいだから・・・もう、楽しみで楽しみでわくわくしますよ!

速攻でゲットしたあと、西館の音楽サークル方面では初音ミクが大ブームでした。
あっちのサークル、こっちのサークルでも初音ミクのCDが売られていました。
確かにそれが目的で今回のコミケは来たようなもんだけど・・・。
だめだ。全部買ってたら切りがない!
もっと厳選して手に入れるしか・・・。
でもまだコミケは始まったばかりなので、目的の品をまず買いあさろう。


夏から軍艦島にハマっているので、こういう写真集とか凄く興味が湧いてました。
ただ、この写真集の発売方法は特殊で、お客さんが好きな値段で買って良いようなのです。
なんか、賽銭箱が置いてあるし・・・。
迷うなぁ。カラー印刷も綺麗だし、アングルとかも凄く良い。
普通に買ったらたぶん千円近くするだろうけど・・・でもできるだけ安く買いたいなぁ。
というわけで、500円玉がひとつあったので、それを賽銭箱に入れてきましたw

その後、友達のサークルに立ち寄ると、相方さんが出かけているそうなので、僕が友達の隣に座って偽売り子してましたw
久々に濃い話が色々できて楽しかったなぁ。


西館って、ホント面白いんですよね。
僕も昔は東館に入り浸って同人誌を買いあさってたわけですが、最近は西館の面白さに気づいて東館へは全然行ってません。
だって、大体欲しいと思える同人誌はとらのあなとかで委託販売されますからね。
ところが、西館の出典物というのは、同人ゲーム以外はまず委託販売される可能性がないものばかりなのです。
こればっかりは、現地へ行ってみないとどんなものがあるかわかりません。
だから、いつもいつも西館に行ってしまうのです。

西館では、ハードウェアなどの技術系サークルを見るのがこれまた楽しい。
僕は数字とアルファベットを見るだけで拒否反応が起こるので、そういう技術系の解説本とかは全然買わないのですが、技術系サークルでは自分たちの作ったものがディスプレイしてあって、それを見るだけでも無茶苦茶楽しいのです。
MSX1で作ったオリジナルゲームを出典していたサークルもありました。
なんで今更・・・?かと思ったら、実は20年以上も前に作ったゲームを出典していた模様です。
なるほど。つまりここのサークルは第1世代のオタクなのか!
歴史を感じるなぁ。

他にも、Macを使ってDSの音声認識のプログラムを組んで、初音ミクに音声認識をさせたしていたサークルもあったり・・・なかなか凄いです。
でも今回、とんでもないものを発見しましたよ!
そのサークルはハードウェアのプログラムの解説本を出していたのですが、ディスプレイされていたものがとんでもない。
『似非光学迷彩』という貼り紙が貼ってあったそれは、剥き出しの基板にCCDカメラを接続した、なんとも地味なものでした。
基板の横には小さな液晶モニターがあって、カメラからの風景を流しています。
液晶モニターの下には、こんな文章が書かれていました。

「肌色を検出して擬似的に光学迷彩を作ります」

はて、どういう事だろう?
まあ、いいか。とりあえずカメラの前に手をかざしてみよう。

・・・・・・おおっ!?

ディスプレイの中の僕の手が透けて見える。
上下に振ってみても、ちゃんと僕の手の部分だけが透けてます。
な、なにこれ・・・ディスプレイの中でちゃんと光学迷彩になってるよ。
すげーっ!

あまりにも感動して、すげーすげーって言っていたもんだから、サークルの人が何やら解説してくれました。
これはどうやら、カメラに写った肌色を検出して、その座標に肌色の対象物がなかった時間の映像を上書きしているそうなのです。
例えば、僕が手をかざすと、その手の部分だけ、僕が手をかざす前の映像に書き換えているようなのです。それによって、まるで光学迷彩のような映像がディスプレイの中で再現できるそうなのです。

凄い・・・凄いよ・・・。
確かに仕掛けを聞くと、特撮映画で使われてる手法っぽいけど・・・。
でも、それをリアルタイムにやってのけてるってのが凄すぎる!
これだから西館は侮れない!


そんな凄いのあるかと思えば、とんでもなくしょうもないものも存在しているのも、西館の魅力です。
もうね、昨日買ったブツは凄かったですよ。
『ファミコンデッドボール映像集』

これはもう、凄すぎます。
ファミスタとかの、デッドボールのシーンだけを編集したDVDです。
もはや、何がやりたいのかわからない迷走ぶり!
どうしてデッドボールの映像を編集しようかと思ったのか。もはやこれは解明不可能な謎ですね。

いや、でも・・・それはまだまともな方だったのかもしれない・・・。
『使えない効果音シリーズvol.1 蒟蒻』
効果音を集めたCDなら、たまに西館でも見かけたりしますが・・・こんな効果音は初めてです。狂ってます。
内容は、蒟蒻を使って回転する扇風機を止めてみたり、自転車で蒟蒻を潰してみたり・・・そういうあり得ないシチュエーションばかりの効果音を集めているのです。
試しに聞いてみたけど・・・シュールだ。扇風機に蒟蒻を当てて「ブゥーン・・・」と小さくなっていく音は、文章じゃ表現しきれないほどシュールでした・・・。

こんな風に、まず市場に出しても売れっこないブツが普通に出回っているのも西館の魅力なのです。



他にも同人ゲームやらアレンジCDやら初音ミクCDやらを買っていたら、鞄がとんでもない膨らみ方をしていたので、この日の買い物は終了しました。
まだ14時だし時間があるなぁ。
でも、もう買い物に行く気力もないしなぁ。
というわけで、コミケ終了間際まで友達のサークルに入り浸ってましたw
いやー、ひとりだとこういう身軽な行動が簡単にできて良いですね。

そんな風に友達が撤収するまで、ずっとダベってました。
その後、僕は別ルートでコミケに来ていた友達に電話しました。
この友達、実は兄の大学時代の友人で、僕とはネットゲーム仲間だったという方なのです。
同じオタクということで、滅茶苦茶話が合う間柄だったりしますw
もうひとり僕の知らない人がいたのですが、同じネットゲームをやっていたそうなので問題なしです。
僕の場合、オタトークができれば初対面でもガンガン話せますからw

で、3人揃ったところで何をしようかという話になったのですが・・・。

まあ、自然と足が秋葉原へ向かっていたわけですがね。


色々とバカ話をしながら秋葉原をうろついて楽しかったです。
いやー、充実した1日だった!


そんなわけで、今年も頑張るぞー!

Appendix

プロフィール

シーマ

Author:シーマ
ゲームとマンガが大好きです。
ガンダムはデフォルトです。
ラピュタもデフォルトです。
目が・・・目がぁぁぁっっ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。