FC2BLOG 新・電子の花火と夢のあと |PS2版 装甲騎兵ボトムズ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/119-4fc45c8d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

PS2版 装甲騎兵ボトムズ

僕の中では、ボトムズもガンダム並みに好きな作品なのです。
ボトムズは、ロボットアニメでも特に異彩を放っている作品です。
なんていったって、主人公が乗る機体はいつも量産機なのです。
舞台が変わると調達できるロボットも変わるので、必然的に乗る機体も変わるという凝りよう。
だから、このアニメには主役メカは存在しません。
そう、ロボットアニメでありながら主役は主人公のキリコ本人で、彼が駆るロボットは本当にただの飾りなのです。
この点でも、ボトムズというのがロボットアニメの中でも異彩を放っているのがよくわかります。

最近では久々に新作が制作されるほど人気のボトムズなので、これまでも何度かゲーム化されています。
古くはSFCで・・・。
でも、どれもタカラという、ゲーム会社としてはイマイチな会社が製作しているせいで、そのどれもが存在すら忘れ去れているゲームになっていますが。

PS版の『装甲騎兵ボトムズ ウド・クメン編』は、凄まじい出来でした。
何が凄いって・・・

ゲームとして全然面白くないのです。

劣悪な操作性、凶悪なゲームバランス・・・プレイするのは強靱な忍耐力が求められます。
詳しくは僕のブログの昔の記事を読んで貰えればわかります。


PS版ではウド・クメン編と謳っている辺り、後にはサンサ・クエント編を出すつもりだタンでしょうけど・・・案の定続編は発売されませんでした。
ゲームがあの出来じゃ、そりゃあ打ち切られるわなぁ。
そんな感じで、もうボトムズのゲームは二度とプレイできないと思っていたのですよ。
出来れば、PS2でサンサ・クエントも補完した完璧なボトムズゲームがやりたいと夢に描きながら。
それがもう、叶わぬ夢だと知りつつも・・・。


ところが、1年ぐらい前に久々にボトムズの新作が作られるというニュースが舞い込みました。
それと時期を同じくして、PS2でもゲームが発売される事が決定されたのです。
ニュースを読むと、テレビシリーズも網羅した完璧なボトムズゲームになるという事でした。
発売はバンダイナムコ・・・そうか、ボトムズの版権もバンダイに移ったのですね。
MGでスコープドッグが出るぐらいだもんなぁ。
でもまあ、バンダイなら安心かな。安定した質でガンダムゲームを作り続けてるからね。
そんなわけで、夢にまで思ったボトムズゲームが出来ると、本当に楽しみにしていたわけですよ。


結論から言いましょう。

PS2版のボトムズは最高のボトムズゲーです!

もうね、何が凄いってATの挙動を完璧に再現しているのですよ。
ローラーダッシュで高速移動しながら敵のATと銃撃戦を繰り広げたり、高速移動で敵との間合いを一気に詰めてアームパンチとか、アニメで見たあの動きをこの手で再現できます。
SEがアニメと同じで、アームパンチのSEやローラーダッシュの駆動音はもちろん、ヘビーマシンガンを使った時の「ブーンバリバリバリ」というあの独特の銃撃音まで再現されています。

これだよ、これを待っていたんだよ!
フィールドをローラーダッシュで自由自在に動いて戦う、そんなボトムズゲームを!
PS版はとにかく制約が多くて、ローラーダッシュひとつまともにできなかったからなぁ。


操作系統の説明をします。
操作系は至ってシンプルにまとめられています。
左スティックで移動、右スティックで視点移動です。
この思い切りの良さが、かなり新鮮です。
左スティックでは平行移動しかできません。つまり前に倒せば前に移動し、横に倒せばそのまま平行移動します。
だから迷路状の通路を走破するときは、左スティックで移動しながら右スティックの視点移動で方角を修正する必要があります。
微妙に操作系がFPSっぽいですね。

でも大丈夫です。
敵との戦闘時には敵をロックオンしてくれます。
ロックオンすれば、敵を常に正面に確保してくれるので、左スティックで思い切りローラーダッシュしてしまいましょう。
これでアニメと同じように、お手軽にキリコっぽい戦いを演出できます。

□ボタンで右手武器を使います。スコープドッグならヘビーマシンガンですね。
△ボタンでアームパンチです。
アームパンチは長押しすることでモーションが変わります。
短めに押すと、アニメでもお馴染みの腕を前に突き出してアームパンチをします。これは隙が少なくて発動できるのですが威力は低めです。
長押しするとATが体を捻る大きなモーションでアームパンチを繰り出します。このモーションのパンチは威力が高く、しかもヒットさせれば相手を転倒させる事ができます。
転倒させる事ができれば、色々と有利に戦闘を運べます。
というのも、このゲームはダウン時にも当たり判定があるので、倒れた敵にも容赦なくダメージを与えられる仕様となっているからです。
でも、長押しのアームパンチは隙が大きく、カウンターを食らった時点でこっちが転倒してしまうというリスクを背負っています。
特に乱戦時では、敵をアームパンチで転倒させても横の敵からの攻撃がカウンター扱いになって自分がダウンしてしまうという状況が発生してしまうのが考え物です。
アームパンチは使い分けが重要なアクションというわけですね。

×ボタンで回避運動に入ります。
このボタンを押すと、短距離ながらステップ移動をして、その動作中は無敵になるという属性を持っています。
敵の射撃タイミングに合わせて使うのも良いですし、転倒させた敵から間合いを取るために使うのも良いです。
でもまあ、基本的にローラーダッシュの機動力が良いので、そんなに使う機会はないんですけどね。
回避運動には硬直時間が存在するので、これを使って回避しても咄嗟に攻撃に移れないというデメリットもありますし。

○ボタンではローラーダッシュのON・OFFの切り替えができますが、あまり使う機会はないです。
ローラーダッシュしないATはただ的なので、そもそもOFFにする必要性はないですから。

LRでロックオン対象を切り替えます。
まあ、これは普通過ぎて説明は省きます。
R2ボタンで武器を切り替えます。
でもまあ、スコープドッグはヘビーマシンガンしか装備してないのでこれは使う必要がなかったりしますが。

L2でミッションディスクを使います。
そう、このゲームではミッションディスクが戦闘を有利に進める大きな鍵になっているのです。
ミッションディスクというのは、ATを動かす際に使う基本ソフトの事です。言ってみればOSのようなものです。
この設定は原作アニメにある設定で、作中でもキリコがPSに対抗するためのミッションディスクを自作しているという描写があったりします。

ゲームでもその設定を活かしていて、同じATでもミッションディスクの設定で多少性能が変わるようになっています。
例えば、射撃メインのミッションディスクをセットすれば射撃能力が上がり、格闘メインのミッションディスクをセットすれば格闘能力が上がると言った感じです。

基礎能力の変化だけでなく、ミッションディスクによって使えるスキルも変わってきます。
例えばフルリロードというスキルがあるのです。このゲームではどの武器にも弾数制限があって、使い切るとリロードタイムが発生します。
フルリロードは、発動させた時点で全ての武器のリロードを完了するという強力なスキルだったりします。

何もスキルは他にもコンバットプログラムと呼ばれる、いわゆる必殺技に相当するものです。
発動すると、アニメと同じモーションで攻撃を繰り広げるデモシーンに突入し、敵に大ダメージを与える事が出来ます。
L2を押すとロックした敵を中心に独自のゲージが出現します。発動可能な状態になれば、ゲージに表示されたボタンが光り、その状態でボタンを押すと発動待機状態になります。
この、発動待機状態というのはなかなかのくせ者なのです。
コンバットプログラムを発動させるためには一定時間の発動待機状態を必要とするわけなのですが、この間に攻撃を受けるとキャンセルさせられてしまいます。
しかも発動待機状態の間は敵を正面に捉え続けなければ自動的にキャンセルしてしまいます。

つまり、コンバットプログラムを起動させるためには一定時間敵を正面に捉えつつ攻撃を受けてはいけないのです。

慣れるまで結構コツがいりますが、慣れてしまえばかなり簡単に出せるようになります。
コンバットプログラムは敵の耐久値を大きく削る技なので、終盤ではチャンスがあればこれを狙って戦闘しなければ苦しい展開になる場合もあるので、是非ともこれはマスターしておきたい操作です。


忘れていました。ゲーム中にはあまり使わない操作ですが、ATに乗っているという実感をさせてくれる機能もこのゲームにはあります。
このゲームでは、右スティックを押し込むと視点変更できます。
この視点変更は2段階あって、1段目で主観、2段目でズーム機能となっています。
正直、ロックオン機能が優秀なのであまり使う機会はないのですが、これは原作アニメファンにはたまらない仕様です。

ボトムズのロボットであるATは、そのデザインがかなり異様です。
顔に、ターレットレンズが装備されているのです。
3種類のレンズが顔の正面にくっついてるという景観は、デザインよりも実用性重視といった、他のロボットアニメにはないミリタリー色を強く打ち出しています。
そしてATは全長4mという、ロボットアニメにしてはかなり小さく設定されています。
なのでコックピットにはモニター類の類は一切なく、パイロットはゴーグルを装備して操縦します。

そう、主観視点ではまさにゴーグルから見た視点になっているのです。
そしてズームに切り替える時には、きっと正面のターレットレンズが回転している事でしょう。
もう、そうやって想像するだけでニヤニヤがとまりません。
まさに、ATに乗っている気分が味わえます。



ゲーム自体はミッション選択型になっています。
ミッション選択画面があり、そこからガレージでATをカスタマイズしたりできます。
ミッションにはストーリーミッションとフリーミッションの2つが用意されています。
ストーリーミッションは原作ストーリーの要所を押さえたシナリオで展開されるミッションで、このストーリーミッションをクリアしているだけでエンディングまでたどり着けるようになっています。
クリアだけなら、全てのミッションをクリアする必要がないあたり、時間があまり取れない人でも遊べるように工夫されているあたりが好感が持てますね。

フリーミッションは、ストーリーミッションからあぶれた原作エピソードを元にしたミッションや、ゲームオリジナルのシチュエーションで行われるミッションなど、かなりバリエーションに富んだミッションが多く、ストーリーミッションに比べて難易度が高いのが特徴です。
例えば、生身のキリコでスタートさせられて、敵のATを奪うという過酷なミッションがあったりします。
ATに轢かれた即死なので、その難易度はかなりのものです。
まあ、フリーミッションは主にやり込み要素のためのものと思っても間違いありません。

ガレージではATの購入、換装、カスタマイズができます。
ミッションクリア後には、評価に応じた報酬が支払われるので、それを使ってAT周りを色々弄れます。
このゲームの面白いところは、ミッションに失敗すると使用したATを失うというところです。
失ってしまったATは二度と手に入らないのかというと、そうでもありません。
ガレージで普通に売っていたりします。
そう、ボトムズの特徴は、ロボットであるATがとにかく消耗品なのです。
なのでその価格も驚くほど安かったりします。
だからATを失っても、ガレージで普通に買い戻せたりします。
この調達のしやすさも、まさにボトムズの世界観を再現しています。
どこまで凝っているんだ、このゲームはw

換装を使えば、ATを別のATにすることもできます。
例えばキリコが愛用するスコープドッグという機体は、設定上大量に量産された傑作機でした。
そのスコープドッグは様々なカスタム機を生み出した起源的なATとして存在しているのです。
つまり、ガレージの換装コマンドを使えば、スコープドッグからブルーティッシュドッグへ造り替える事ができるのです。
最初は換装でしか手に入らないATも多いので、手持ちのATコレクションを増やすためには換装は欠かせないのです。


しかしこのゲームの面白い所は、ミッションによっては乗っているATが大破しても乗り捨てる事ができるという事ですね。
乗り捨てて敵のATを奪ったり、道ばたに落ちているATに乗り込んだりできます。
ATが破壊されても死亡扱いにならない場合があるのです。
ATから降りた状態では簡単に死んでしまいますが、その圧倒的な不利な状況を乗り切って新しいATを手に入れれば、また敵と戦う事が出来ます。
この、生き延びるためにどんな手段も講じるというのは、まさにキリコの生き様です。
本当にこのゲームは、ボトムズが好きなスタッフが作ってるんだなぁ、と改めて実感しました。

ちなみにこのゲーム、ボス戦でATが大破しても搭乗ATと同じATがガレージにあれば、フィールド上に新たにATが設置されます。大破したATをさっさと乗り捨てて、新しいATに乗り換えれば戦闘を続行できます。
ボスが強くて倒せないと言う場合は、ガレージにいっぱい同じATを用意して挑むというのも良いでしょう。
キリコが死なない限りは戦いは続けられるのですから。



ホント、このゲームは良いゲームでした。
待っていた甲斐がありましたよ!
ボトムズ好きは買って損はしません!
むしろプレイしましょう!


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/119-4fc45c8d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

シーマ

Author:シーマ
ゲームとマンガが大好きです。
ガンダムはデフォルトです。
ラピュタもデフォルトです。
目が・・・目がぁぁぁっっ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。