FC2BLOG 新・電子の花火と夢のあと |グリフォン組に戻してください・・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/35-8e5774be

-件のトラックバック

[T6] デモシーンについて

デモシーンデモシーン (Demoscene) ・メガデモは、コンピュータサブカルチャーのひとつで、主に音楽を伴った美しいコンピュータグラフィックスアニメーションをリアルタイムに表示するプログラム (コンピュータ)|プログラム(デモ)を作成する文化のことである。デモシーン

[T7] 戦場の絆 プレイ動画 タクラマカン砂漠:寒ジム

戦場の絆 プレイ動画 タクラマカン砂漠:寒ジムコレを見て、戦場の絆を攻略しよう♪ジム・寒冷地仕様  RGM-79Dジムの局地戦仕様のひとつで外観、武装が異なる。ジムより後期生産で若干性能が高い。 戦術等は近接格闘機体戦術を参照。 基本データ兵種近接...

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

グリフォン組に戻してください・・・

たまには戦場の絆以外のゲームの話をしましょうかw
今回のお題は・・・

クイズマジックアカデミー4

このシリーズも早くも4作目です。
・・・僕は2からしかプレイしてませんが。
でも、初めてプレイしたときの感動は今でも覚えてますよ。
今までのクイズゲームは4択から答えを選択する方式でしかなかったのに、このゲームはタッチパネルを用いたことによって4択以外のクイズ方式も扱えるようになった事なんです。
これよってタイピングで答えるという、4分の1で必ず正解するという運任せなものではなく、まさにクイズをするゲームになっているのです。

そのようなクイズゲームのインターフェイスを革新しただけでなく、オンライン対戦という要素を持ち込んだのも素晴らしかったです。
しかもオンライン対戦のルールが、予選を3回やって下位4位が脱落していって、最後は4人で決勝をやるというスタイルも燃えるものがありました。
なんかこう、自分がクイズ番組に出演してる雰囲気を味わえるのですよ。

その上、タッチパネルで直感的な操作を可能にし、クイズというテクニックよりも知識の方が重要なゲーム性のおかげで、このゲームのプレイヤー層は本当に広いです。
僕のようなゲーマーから、あまりゲームしそうにない普通のお姉さんまで、幅広くこのゲームをプレイしています。
昨今の敷居がどんどん高くなっているアーケードゲームの中で、逆にここまで敷居が低いゲームは珍しい存在ですね。


さて、前置きはここまでにして4の感想や、4になってからの変更点を書いていきます。

大きな変化は初回プレイ時から現れています。
初回プレイでは、選択したキャラがモノローグで自分のプロフィールを語ってくれるのです。
情報自体は公式サイトのそれと一緒ですが、何よりもキャラ自体が自分の口で語ってくれるのが嬉しい限りです。
QMA自体、キャラは最近のアニメっぽい絵柄なのにストーリーがほとんど不明という珍しいゲームでしたからね。この、ちょっとした変更だけでも、俄然気分が盛り上がるってものです。

しかも昇格したときも、フルボイスのデモシーンがあったりして、演出がさらに強化されています。
初級魔術師に昇格したとき、ギャルゲーのようなイベントCGが表示されたのには驚きました。
知ってれば携帯で撮っておいたのに!


ゲームを開始すると、オンライン対戦に入る前に”予習”ができるのですが、この予習もシステム的な変化がありました。
前作までだと、予習の合格ラインを何回か突破すれば新しいクイズ形式が選べるようになりましたが、4からはクイズ形式は階級に依存するようになりました。
つまり、修練生では○×と4択しか選べませんが、階級が上がるごとに連想やタッチタイプが選べるようになる、と言った塩梅です。

そして4からの新要素として、”購買部”というものができました。
購買部では色々とアイテムが売っていて、そのアイテムで表示されるちびキャラの衣装を替える事ができるようになります。
購入するには”マジカ”という通貨を消費するんですが、これはゲーム終了時に毎回少しずつ貰えます。
マジカを貯めてアイテムを購入する、という感じなのです。
ちなみに一番安いローブで200マジカです。
一回のゲームで貰えるのが10マジカぐらいなので・・・かなりプレイしないと新しい服は買えそうにないですねw
でも、こういう着せ替え要素があるのは楽しいなぁ。


今までのシリーズでは、予選開始時に予選ではどのジャンルとクイズの形式が決まっていたのですが、4からはルート分岐方式になったので、次の予選ではどのジャンルのクイズが来るのかわからなくなりました。
勝ち抜かないと何が来るかわからないので、毎回ドキドキします。

しかしルート分岐は熱いです。
例えば、予選3回戦の分岐で、スポーツの4択とスポーツのタイピングクイズの2つのルートが表示されるのです。
どうやって分岐されるのかというと、予選参加者の投票で決まります。
投票者の多い方のクイズルートに決定されるので、ここでの選択が熱いです。
だから、自分が苦手なクイズ形式のルートに決定になると、やる前からヘコみますw


今回はキャラクターのボイスパターンも大量に増えてます。
自分だけ正解の時と、自分だけ不正解の時などのボイスパターンがあったりして面白いです。

僕が使ってるユウ&サツキの場合・・・

自分だけ正解

ユウ:「やったー。僕だけだ」
サツキ:「かっこいいぞ」


というような台詞がありました。
自分だけ正解のボイスはかなり心地良いですw

・・・関係ないけど、コンティニューの時にユウの「僕は男の子だよ」という台詞は、どういう意図があるんだろう・・・。
謎だ。


決勝のルール自体は大きく変わったところはないのですが、決勝のジャンル選びの時に、対戦相手のジャンル別正解率のグラフが見えるようになりました。
これは便利ですが、怖い仕様です。
僕はスポーツと学問が苦手中の苦手なので、決勝でこれを選ばれたら・・・。
逆に相手のアニメ&ゲームのグラフが低かったら大喜びですがw


昇格に関わるシステムも一新されました。
4では経験値システムは廃止され、魔石システムという新しいものになりました。
これは、自分の勝ち抜いた相手に応じた魔石が配給されるシステムで、ある一定数貯まると昇級するというシステムになりました。
自分より下位に自分と同じ階級やCOMだった場合は配給される魔石は1つ。
逆に自分より階級の上のプレイヤーがいた場合は配給される魔石は3つになったりします。
そしてその合計数が、今回の獲得魔石という事になるのです。

例えば、自分が見習い魔術師で優勝したとします。
このゲームは予選を入れると16人で対戦するので、優勝したら16人中1位という事になります。
言い換えれば、15人のプレイヤーに勝ったという事です。
なので15人分の魔石を獲得する事ができ、その中に自分よりも階級の上のプレイヤーがいたら、それだけ魔石を多く獲得できる仕様になったのです。
逆に予選一回戦落ちで15位だったりすると、獲得できる魔石は自分より下位に一人しかいないので、一人分の魔石しか獲得できないのです。

強い相手を倒せばそれだけ得る経験値も多い、というRPGのようなシステムになったのは面白いですね。


3から正解率などでプレイヤー層を分ける”組み分け”システムは4でも健在です。
ただ、4では組昇格の仕組みがハッキリするようになりました。
優勝した時点で、ひとつ上の組に昇格してしまうようになったのです。
勝てば勝つほど強い相手の中に放り込まれるので、偶然優勝しちゃった日なんかは・・・。

僕は、通信不良で僕以外全員COMとなった時に優勝してしまったために、グリフォン組からケロベロス組に上がってしまいました。
もう辛いのなんの・・・。
みんな並び替えをもの凄いスピードで正解していきます。僕は並び替えが苦手なのに・・・。
予選で落とされまくる日々です。
でもジャンルによっては決勝に進める事もあるので、全く歯が立たないというわけでもないですが・・・辛いです。
グリフォン組に戻りたいなぁ。

ちなみにカード引き継ぎをすると最初からユニコーン組のようですね。
僕も引き継いだのでユニコーン組から始まったのですが、出題されるクイズがアニメ&ゲーム、芸能と得意分野が立て続けに来たおかげで優勝する事ができました。
嬉しいので写真を撮ってみたりw

SA410001~003.jpg


うわーい、ユウとサツキのアップだ!
3だと

060125_1446.jpg


こんなに小さな絵しか表示されなかったけど、今回は画面全体を使ってキャラの絵が見れるのが嬉しいですね。
・・・画像の大きさは3の頃と携帯が変わったために、サイズが変わっていますw
昇格時にもイベントCGがある場合があるみたいだから、色々楽しみだなぁ。
ユウ&サツキはあらゆる意味で僕のツボを突いているキャラなので、本当に先が楽しみです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/35-8e5774be

2件のトラックバック

[T6] デモシーンについて

デモシーンデモシーン (Demoscene) ・メガデモは、コンピュータサブカルチャーのひとつで、主に音楽を伴った美しいコンピュータグラフィックスアニメーションをリアルタイムに表示するプログラム (コンピュータ)|プログラム(デモ)を作成する文化のことである。デモシーン

[T7] 戦場の絆 プレイ動画 タクラマカン砂漠:寒ジム

戦場の絆 プレイ動画 タクラマカン砂漠:寒ジムコレを見て、戦場の絆を攻略しよう♪ジム・寒冷地仕様  RGM-79Dジムの局地戦仕様のひとつで外観、武装が異なる。ジムより後期生産で若干性能が高い。 戦術等は近接格闘機体戦術を参照。 基本データ兵種近接...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

シーマ

Author:シーマ
ゲームとマンガが大好きです。
ガンダムはデフォルトです。
ラピュタもデフォルトです。
目が・・・目がぁぁぁっっ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。