FC2BLOG 新・電子の花火と夢のあと |第1回 ファンタシースターオンライン その1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/4-31b0db4e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C5]

DC版PSOって2000年12月でしたっけ・・凄い
昔に感じますねぇ・・・(遠い目) チート問題を覗けば
もの凄く画期的で、完成度の高いゲームでしたね。

今のゲームに比べると自由度は低いかもしれないけど
GameCube版のロビーアクションも加わって、キャラの
存在感というか、人が居るって実在感が高かったと
思います。

すっかり忘れちゃってたけど、思い出すとあの頃は
PSO内で色々あったね。でもホント楽しかったなぁw
  • 2006-05-09
  • ゆうき
  • URL
  • 編集

[C6] へぇ~っっ

噂だけは聞いたことあるものの、細かい内容とか全然知りませんでしたわ~っっ
なんかちょっと聞いただけでも面白そう♪

ネットストーカーは恐いですねぇ( TДT)
ネカマさんでもストーカーに遭ったりするのかな?

[C9]

>ゆうきさん
色々ありましたよねぇ。
楽しいこともあったし、嫌なこともありました。
でも全て良い思い出でした。
実はこのブログには続きがありますw
近いうちに投稿できればいいなぁ。

>hazukiさん
ROよりもやることが少ないゲームでしたけど、やることが少ない分取っつきやすいゲームではありました。

ネカマはストーカーには会いませんw
でも、女と思われてオフ会に誘われた事がある人はいましたよ。
ネットゲームって怖いw
  • 2006-05-13
  • シーマ
  • URL
  • 編集

[C10]

シーマさんひそかに覗かせていただいてます♪

PSOは確かにとっつきやついゲームでした、しかし私も始めた頃にはJp1-1-1はチートが占領するサーバーと化してました。
アノ頃であった数々の人たちは私も数少ないですがいまだに連絡は取り合える方もいます。
1~4逆に読んでしまいましたが確かにネットゲームはそこにまた他の人がいるからこそ楽しいのであって自分勝手の横暴ができなくなるのは確かだと私も想います。
けどそこにルールがあるから人はより楽しい遊びを見出せるのだと私は想います。

ネカマはストーカーに会うことはありますw
Roで何度か遭遇してます(汗
PSO時代私はなりきりでやっていたのでちょくちょく間違われてました。
Roのときは1度だけ・・・しつこい耳打ちに悩まされたことがあります(汗
逆に言うとネナベも存在します。極わずかだと想いますがPSOの時代に1名Roで2名ほどあってます。
こういった出会いがあるから私はネットゲームがやめられない。
  • 2006-05-28
  • 霧星
  • URL
  • 編集

[C11]

ネットゲームって、嫌なことがあってもやめられない魅力がありますよね。
やはりその魅力のひとつは、色んな人との出会いですよね。

しかしストーカー経験者ですか。
僕は、そういったことは一切なかったなぁ。
まあ、素でチャットしてたしw
  • 2006-05-31
  • シーマ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第1回 ファンタシースターオンライン その1

前のブログでもやっていたのですが、”ゲーム語り”といって好きなゲームの事をとにかく書こう、という事をやっていました。
というわけで、ここでもそのゲーム語りをやりたいと思います。


第1回『ファンタシースターオンライン』


このゲームは、僕のゲーム人生を語る上でも外せないゲームですね。
初めて本格的にハマったネットゲームです。
僕は一応ファンタシースターオンライン(以下PSO)の前にも『ルナティックドーン3』というネットゲームをやっていました。
ただ、このゲームはいかにもPCゲーム特有の取っつきにくさ全開のゲームだったので、すぐにプレイしなくなったわけですが・・・。

PSOの優れていた所は、とにかく取っつきやすく作っている所なんですよね。
戦闘はアクションなので、誰にでも見たらすぐにわかるようになってます。
とはいえ、攻撃範囲に敵がいたらその敵をロックして攻撃するシステムなので、純粋なアクションゲームのような精密な操作は要求されません。
そのためか、アクションゲームは苦手だという人でも、結構PSOをプレイしている人は多かったです。レベルを上げておけば、アクションが苦手な人でも十分対応できるぐらいのバランスでした。

だからと言ってゲーム自体がぬるいのかと言われると、そうでもなかったりします。
一応アクション性を重視しているゲームなので、敵のモーションを覚えて、反撃されないようなタイミングで攻撃するという事も可能でした。
このように、アクションが苦手な人でも楽しめるバランスでありながら、上手い人はもっと上を目指せるという、ゲームとしては結構理想的な形ではありました。


取っつきやすいといえば、操作も実にシンプルな構造です。
”アクションパレット”というものに、各アクションを登録するのです。
これはPCゲームでいう所のFキーにアクションを割り振るような感じで、アクションパレットはコントローラーのメインボタン、つまりDCのコントローラーで言えばX、A、Bにアクションを割り振れます。
アクションパレットは2層構造になっており、表面に3つ、裏面に3つの、計6種類のアクションを登録できます。
Rトリガーを押してる間は、アクションパレットの裏面を表示してくれるという感じです。

アクションパレットには、攻撃や魔法(PSOではテクニックと呼ぶ)だけではなくアイテムも登録できるようになってます。
表パレットには攻撃関連、裏パレットにはアイテム、という構成も可能です。

しかし登録できるアクションが計6つでは、魔法系のキャラには不便でしょうがありません。
その不満を解消するたに、Ver.2からは”ショートカットウィンドウ”が搭載されました。
Yボタンはチャットウィンドウを出すという機能しかない、ボタン的には浮いた存在だったのですが、そのYボタンとRトリガーを押すとショートカットウィンドウが出るようになりました。
この機能のおかげで、パレットに登録していないアイテムや魔法を瞬時に使えるようになりました。

ウィンドウを表示したままRトリガーを押すと、装備→アイテム→魔法の順にウィンドウが切り替わります。
しかもアイテムと魔法は自由に並び替えができるのです。
例えば、よく使う魔法でパレットに登録する必要性が感じられない補助魔法などをウィンドウの上へ持ってきておけば、効果が切れた時にすぐかけ直すことができるのです。

操作系がシンプルな上に柔軟性があるため、あまりゲームをやらない人にも取っつきやすく、ゲーム慣れしている人にはすぐに順応できるようになっていました。
これは上手く考えたシステムだと思いました。


PSOはコミュニケーションツールとしても、かなり取っつきやすく作られてました。
各プレイヤーは自分の”ギルドカード”を持っていて、それを交換することで、相手の接続状況、接続していたらどのロビーにいるのか、それらの情報を簡単に検索できます。
ギルドカードはID毎に発行されるものなので、相手が違うキャラを使っていてもちゃんと検索かけてくれます。

つまり、ラグナロクのように知り合いが別キャラを使ってて同一人物だとは知らなかった、という事が起こらないのですw

ギルドカードで検索をかけて「会いに行く」を選べば、簡単に相手が今いるロビーへ移動する事も可能です。
そのため、PSOでは知り合って気が合えば、深く付き合う事が簡単にできました。
しかし、その簡単に相手に近づけるためからか、ある種の問題が発生するのですが・・・それは後ほど。

PSOにはWisというものは存在しません。
その代わり、”シンプルメール”と呼ばれる少ない文字数の文章を相手に送ることができます。
感覚的には携帯メールに近い感じですね。
ギルドカードを持っていれば、検索をかけたあとに”シンプルメールを送る”を選べば、簡単にメールを送れます。
これも非常に取っつきやすいシステムでした。
ただし、メールの内容はデータセーブできないし、メールは古い順に削除されてしまうので、大量にメールが来たら読めないままになってしまうという弱点もありましたが・・・。


DC版PSOが発売されたのは、2000年12月の事です。
ブロードバンドという言葉がまだ憧れだった時代のネットゲームです。
後発のFF11の方が有名なせいかPSOはイマイチ知名度は低いですが、日本のネットゲームはPSOの成功があったからこそ発展できたものだと思います。
あの時代、ネットゲームは儲からないものだというのが定説で、ゲーム会社が開発を敬遠していましたから。
その定説を覆したのが、PSOだったのです。
あの頃は、誰もがネットゲームという新たな大陸の事を把握しきれず、誰もが予想してなかったトラブルが生まれたりしていました。
そう、インターネットが家庭に普及した1997年前後から問題化した、匿名による凶暴性の発露などのように・・・。

ゲームというのは、圧倒的に男性ユーザーが多い娯楽でした。
今でこそゲーセンで女の子が普通に格闘ゲームをやったりしていますが、当時はそんな女の子は少数派だったと思います。
僕もそうだったのですが、だいたいにおいて男のゲーマーというのは女性と接点がありませんw
それが、ふとしたキッカケでゲーム上の中とはいえ、ゲーム好きの女の子と交流できてしまうのです。
男だったら、もっと仲良くなりたいって思うのは当然の事だと思います。なんせ、今まで縁がなかったんですからw

しかしまあ、そこから恋人に発展するのは稀なんですけどね。
ただ、それまで女性と接点のなかった男が暴走してしまう事もあったのです。
DC版PSOでは、居場所も簡単にわかるし、メールの拒否機能なんてついていないから、ストーキング行為が簡単にできてしまったのです。
事実、知り合いの女性プレイヤーが突然PSOをやめてしまって、どうしたのかなぁ?って思ってたら、実はストーカー被害に遭ってたという事もありましたから・・・。

そう言った経緯からか、PSOではリアルの性別を相手に問うのは失礼に当たるという、文化が生まれました。
女性が自分の身を守るために一番効率の良い方法が、自分の性別を隠すことでしたから。

今はある程度ネットが成熟期に入ってきているので、このような話は嘘みたいだと思われるかもしれませんが、こういう事は本当にあったのです。
PSOでネット自体が初めてという人も多かったので、ネットにおける人間関係の距離を測りきれなかった人が多かったから起こった問題でもありました。

その後、PSOはゲームキューブに移植されるわけですが、その時には検索拒否とメール受信拒否の機能が追加されたという事を追記しておきたいと思います。



長くなってしまったので、ゲームの世界観についてはその2で語ろうかと思います。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/4-31b0db4e

0件のトラックバック

5件のコメント

[C5]

DC版PSOって2000年12月でしたっけ・・凄い
昔に感じますねぇ・・・(遠い目) チート問題を覗けば
もの凄く画期的で、完成度の高いゲームでしたね。

今のゲームに比べると自由度は低いかもしれないけど
GameCube版のロビーアクションも加わって、キャラの
存在感というか、人が居るって実在感が高かったと
思います。

すっかり忘れちゃってたけど、思い出すとあの頃は
PSO内で色々あったね。でもホント楽しかったなぁw
  • 2006-05-09
  • ゆうき
  • URL
  • 編集

[C6] へぇ~っっ

噂だけは聞いたことあるものの、細かい内容とか全然知りませんでしたわ~っっ
なんかちょっと聞いただけでも面白そう♪

ネットストーカーは恐いですねぇ( TДT)
ネカマさんでもストーカーに遭ったりするのかな?

[C9]

>ゆうきさん
色々ありましたよねぇ。
楽しいこともあったし、嫌なこともありました。
でも全て良い思い出でした。
実はこのブログには続きがありますw
近いうちに投稿できればいいなぁ。

>hazukiさん
ROよりもやることが少ないゲームでしたけど、やることが少ない分取っつきやすいゲームではありました。

ネカマはストーカーには会いませんw
でも、女と思われてオフ会に誘われた事がある人はいましたよ。
ネットゲームって怖いw
  • 2006-05-13
  • シーマ
  • URL
  • 編集

[C10]

シーマさんひそかに覗かせていただいてます♪

PSOは確かにとっつきやついゲームでした、しかし私も始めた頃にはJp1-1-1はチートが占領するサーバーと化してました。
アノ頃であった数々の人たちは私も数少ないですがいまだに連絡は取り合える方もいます。
1~4逆に読んでしまいましたが確かにネットゲームはそこにまた他の人がいるからこそ楽しいのであって自分勝手の横暴ができなくなるのは確かだと私も想います。
けどそこにルールがあるから人はより楽しい遊びを見出せるのだと私は想います。

ネカマはストーカーに会うことはありますw
Roで何度か遭遇してます(汗
PSO時代私はなりきりでやっていたのでちょくちょく間違われてました。
Roのときは1度だけ・・・しつこい耳打ちに悩まされたことがあります(汗
逆に言うとネナベも存在します。極わずかだと想いますがPSOの時代に1名Roで2名ほどあってます。
こういった出会いがあるから私はネットゲームがやめられない。
  • 2006-05-28
  • 霧星
  • URL
  • 編集

[C11]

ネットゲームって、嫌なことがあってもやめられない魅力がありますよね。
やはりその魅力のひとつは、色んな人との出会いですよね。

しかしストーカー経験者ですか。
僕は、そういったことは一切なかったなぁ。
まあ、素でチャットしてたしw
  • 2006-05-31
  • シーマ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

シーマ

Author:シーマ
ゲームとマンガが大好きです。
ガンダムはデフォルトです。
ラピュタもデフォルトです。
目が・・・目がぁぁぁっっ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。