FC2BLOG 新・電子の花火と夢のあと |温泉旅行 1日目 その1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/78-4e980908

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

温泉旅行 1日目 その1

温泉旅行へ行ってきました。
友達3人と、計4人で。
旅のテーマは『温泉に浸かりながら萌えについて語ろう』というものです。
かなり趣味的な集まりですねw


当日。午前11時半に上野駅に集合でした。
僕は電車で1時間ほどで行けるので、11時半という時間はかなりゆっくりできて良かったです。
わざわざ関東の旅行をセッティングしてくれたそうなので、旅に誘ってくれた友達には感謝です。

上野に到着したのが午前11時。
ちょっと早かったのでファミ通を立ち読みしてきました。
特に興味を引く記事がなかったので、伊集院光のコラムと浜村社長のコラムを読むぐらいでした。
で、そうこうしている内に11時20分になりました。
もう来てる人もいるだろうと思って集合場所へ行きました。


ほどなくして集合場所に全員集まり、駅弁を買って特急電車に乗り込みました。
僕は出不精で旅行とかしない人間なので、特急電車に乗るなんて何年ぶりだろう?
下手したら、大学に入学したときのオリエンテーション以来なのかもしれない。

群馬県の方へ行くのは初めてでした。
初めて行く場所の景色というのは面白いですね。
最初は都会の風景で、次第に下町の風景になっていきます。そこからしばらくは閑散とした町の風景が続くんですが、大宮辺りでまた都会の風景になるのです。
それを過ぎると、山や田んぼが多くなって、だんだん周りの景色が山だけになっていきます。

目まぐるしく移り変わる車窓の風景を見るのは楽しいです。
しかもそれが、一度も行ったことない場所ならば尚更です。
このドキドキ感が、旅を面白くする要素なのかもしれませんね。


車内で色々と雑談をしている内に、目的地である渋川に着きました。
ここからバスで30分ぐらいかけて、1日目の宿がある伊香保温泉へ行くのです。

しかし渋川って静かな駅ですね。
駅前なのにコンビニも商店街もありません。
台風が近づいてきてるとはいえ、駅前に人がこんなにいないなんて・・・。
なんか大学時代を思い出します。
僕の行っていた大学は田んぼの真ん中にあるような田舎で、駅前なのに商店街もないような所でしたからね。

ちょっと色々あって30分ぐらい駅に留まっていたら、伊香保温泉行きのバスは行ってしまいました。
次のバスまでかなり時間が掛かるかもしれない・・・というわけで、タクシーで伊香保温泉まで行く事が提案されました。
バスの料金が550円だから、4人でタクシーに乗るのも大して料金的には変わらないだろうという事で。
それに当日は、台風の影響で雨が降ってましたからねぇ。
バスよりも確実に座れるタクシーの方が良いと思いました。

それにしても、伊香保温泉というのはそんなに有名な観光地じゃないのかな?
乗ったタクシーは、カーナビすら付いてないような懐かしい感じでした。
シフトギアも、ハンドルの横に付いているタイプでしたし。
・・・あれを何と呼ぶのかは知りませんがw
僕が子供の頃に見たタクシーそのものでした。


伊香保温泉は山の中にある温泉らしく、タクシーはどんどん山道を登っていきます。
斜面を迂回するようなぐるぐる回っていく道を突き進んでいくのです。
その途中、耳がツーンとしてきました。
気圧が変化するほど登っているのか。
これはどこまで登るのか見物です。

信じられないような幅の狭い急勾配を登ると、そこは伊香保温泉でした。
伊香保温泉は階段が有名な観光地らしく、タクシーでその頂上まで行って貰おうと思ったのですが、あまりにも狭い場所なので車では無理との事でした。
というわけで、伊香保温泉の入り口で下ろして貰いました。

その階段は圧巻でした。
かなりの急勾配で、かなり上の方まで続いています。
そして何よりも、その急勾配に合わせるかのように建物が建っているのです。
そのどれもがおみやげ屋や喫茶店などで、その空間に観光地の雰囲気が濃縮されているような感じです。

まるでRPGに出てくるような、山の中の町並みというイメージがピッタリなのです。
しかも雨が降っているので、全体的な雰囲気がしっとりしていてちょっぴり神秘的です。
確かにこれは現実なのに、ちょっとしたファンタジーの世界に迷い込んだような感じです。
そうですね、表現するなら『千と千尋の神隠し』のような雰囲気です。
これはなかなか見応えのある景色でした。
ikaho_01.jpg



雨が降っていましたが、せっかくなので伊香保観光をしようという事になりましたが、荷物が邪魔でした。
ひとまず旅館に荷物を置いてからにしようという事になりました。
でも、肝心な旅館の場所がわかりません。
一応観光マップを持ってきていたのですが、階段の横道がかなり細かくてまるで迷路でした。
一応その方角へ進んでいったのですが・・・。

しかし、伊香保というのはラーメンも名物なんでしょうか?
やたらとラーメン屋を見かけます。それにスナックも。
人がいないから、まるで場末の観光地に来てしまったじゃないかと錯覚させられるほどのインパクトでした・・・。

でも観光地のお店の人々というのは親切ですね。
僕たちが立ち止まって地図を見てあれやこれややっていたら、「どこへ行きたいんですか?」と声をかけてきてくれました。
僕たちが旅館の名前を告げると、「ああ、それはこの通りを真っ直ぐ行ったらすぐだよ」と答えてくれました。

な、なんと・・・。
確かに言われるとおりに進んでみると、その旅館は目の前にありました。
道自体が曲がりくねっているので、看板が死角になって見えなかったようです。
でも良かった。雨が降っている中、大荷物を抱えていたからちょっと疲れていたのです。
とりあえず、僕たちは旅館へと足を運ぶのでした。


その2へ続く。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/78-4e980908

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

シーマ

Author:シーマ
ゲームとマンガが大好きです。
ガンダムはデフォルトです。
ラピュタもデフォルトです。
目が・・・目がぁぁぁっっ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。