FC2BLOG 新・電子の花火と夢のあと |温泉旅行 1日目 その3

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/82-8df70a15

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

温泉旅行 1日目 その3

なかなか書く機会がなくて全然進んでませんね。
この旅行記が完結する頃には9月になっていそうで怖いですね・・・。
てなわけで続きです。


僕たちは部屋に戻りました。
部屋はふたつの方角に窓があり、それぞれ山側と麓側が見える窓になっています。
でも、この時は台風が近づいてきている影響で雨が降りまくってました。
残念ながら麓側を見ても雲しか見えない有様・・・。
せっかく良い部屋を取れてるのに残念です。

そこで、窓の方で妙な違和感を感じました。
窓の外には庇を逆にしたような、竹製の囲いが窓の下に付いているのです。
最初は何だろう?と思っていたのですが、そこで友達のひとりが気づきました。

「この下、もしかして露天風呂じゃない?」


僕は速攻でフロントで貰った旅館のマップを確認しました。
僕たちがいるのは8階の一番右側の部屋になります。
一方、露天風呂は2階にあります。
露天風呂の位置関係は・・・2階の一番右になっています。
露天風呂の位置から、指をそのまま上の階数へなぞっていくと・・・

僕たちの部屋より、やや右よりの位置になっているではないですか。

やはり・・・この下には露天風呂があるようです。
しかもマップから想像するに、女湯は山側の窓の真下にあるようです。
こ、これは!
何だかよくわからないけど、テンション上がってきたぞー!


でもまあ、実際に覗くのは犯罪なので、テンションを上げるだけにしておいて、本来の目的である露天風呂へ行きました。
実は僕、露天風呂は初めてなんですよね。
温泉も、近所のスーパー銭湯しか行ったことなかったし。

あいにくの雨模様でした。
でも、この露天風呂自体四方を塀で囲まれているので風景は楽しめるわけではないようです。
ちょっと残念。

雨が降っているので、入り口には頭に乗せるタイプの傘がありました。
昔話の『かさ地蔵』とかに出てくる、ああいう日本的なやつです。
でも、これが意外に便利なのです。
どうせ肩から下はお湯に浸かっているので、頭さえ雨を凌げれば事足りるので。


他にも入っている人もいたし、山道を登ったり降りたりしてきたので、みんな温泉に浸かるなり「ふぅ~」と息をつくだけです。
ちょっと疲れた体にはちょうど良いですね。
やや温めのお湯にゆっくり浸かる・・・これはなかなか贅沢な事ではないのでしょうか。

伊香保温泉のお湯は黄色く濁っているのが有名らしいです。
だから、この露天風呂も黄色く濁っていて湯船の中は見えません。
うーん、何かこの色、いかにも温泉って感じで体に良さそうだ。

みんなでまったりお風呂に入っていると、一緒に入っていた他のお客さんはどんどん出て行きました。
おお、何か僕たちの貸し切りみたいで気持ちいいなぁ。
その後、雑談しては黙って浸かる。そしてまた雑談しては黙って浸かる、というのを繰り返して指の皮がシワシワになるまでお湯に浸かっていました。

社会人になってからは時間を気にして生きるようになります。
それは休みの日も一緒で、とにかく無駄のないように遊ぶような習慣が付いてしまいました。
だからこそ、このようにまったりと1時間以上も温泉に浸かるというのが、とても贅沢な事に思えて気分が良かったです。
なるほど。これも一種の娯楽なんだ。これはこれで良いかも。


同じ2階にはゲームコーナーがあるようです。
こういう旅館のゲームコーナーって実は密かな楽しみなんです。
大体こういう場所のゲームって、旬も過ぎたアーケードゲームが普通に置かれてたりしますからね。
例えば、格闘ゲームで言えばスーパースト2が現役稼働していたりとかね。
僕のような古いゲーマーには、こういう場所に置かれているゲームが非常に気になるのですよ。
もしかしたら、もはやゲーム関連の書籍でしか見ることの出来ないゲームが現役稼働してる可能性もあるかもしれませんし。

僕と、幹事の人ともう一人の友達は僕よりも年上で、僕よりも古いゲームに精通している方々です。
僕も古いゲームにはそれなりの知識はあるんですが、なんせゲーセン通いを始めたのが1989年ぐらいからなんです。
だから、知識としては知っていても実際にはプレイししたことないゲームの方が多いわけで・・・。
まあ、そんな3人は、期待はしていないけどちょっとわくわくしながらゲームコーナーへ向かったのです。

・・・向かったのですが、2階のゲームコーナーと思われるところには

『エステ』


という大きなのれんが掛かっていました。
そしてその横には・・・

『ゲームコーナーは5階にあります』

という貼り紙が・・・。
えー? 旅館の案内にも、エレベーター内の案内にもゲームコーナーは2階って書いてあるのに・・・。
なんてぞんざいな扱いなんだろう。
一気に期待値が低下しました。

そして5階。例のゲームコーナーに着きました。
唖然・・・。
まさにその一言がピッタリなゲームコーナーでした。
6畳間ぐらいの広さにアーケードゲームが3台、メダルゲームが3台、なんだかよく分からない景品の当たるクレーンが1台。
期待はしてなかったけど、ここまでやる気のないものとは思いませんでした。

入ってるアーケードゲームも『ナムココレクション』、『ぷよぷよ通』、それと『スーパーリアル麻雀』でした。
や、やる気ねぇ・・・。
ガッカリしながらも、久々にぷよぷよ通をプレイしてみました。

2面でゲームオーバーになったけどね!


ダメだなぁ。
10年ぐらいぷよぷよなんてプレイしてなかったから、3連鎖すら怪しいよ。
軽くショックでした。


部屋に戻ると、ちょうど夕食の用意がされていました。
この旅館は、自分の部屋で夕食を摂るタイプのようです。
これは楽で良いねぇ。

料理は結構美味しかったんですが、なにぶん量が多いです。
結局僕は食べきれずに残しました。
これはきつかった。


ご飯を食べ終えてまったりと雑談をしたあと、ピクトチャットを試してみようという事になりました。
今回の旅行で、幹事さんからDSを持ってきてと言われていたのです。
幹事さんはDSとDSライトの2つを持っているので、DSを持っていない友達に貸して、早速ピクトチャットで遊んでみました。

ただチャットするだけでは面白味に欠けるので、”何かお題を出して記憶を頼りにそれを描いてみる”、という遊びを始めてみました。

これがなかなか面白い!
例えば、「ドラえもん」と言ってみんな描き始めるわけですが、みんな曖昧な記憶で描くからとんでもないドラえもんが生まれるわけです。
あぁ、この面白さを文章で伝えられないのが辛い。
とにかく、曖昧な記憶で描く絵は、なかなか狙っても描けないような微妙な味が出まくっています。
この遊びはお勧めですよ!

そんな風に熱中していたら、午後9時半を過ぎていました。
そろそろ2回目の温泉に浸かろうという事になりました。
せっかく温泉宿に来てるんだし、2回ぐらいは入らないと損ですしね。
でも、友達のひとりはかなり眠そうだったので、とりあえず仮眠を摂るとの事でした。
実は彼、旅行前日の午前2時まで呑んでいたという猛者だったのです。
さすがに体力の限界らしく、ここらで一休みしないと夜が持たないそうです。

というわけで、僕たちは3人で再び温泉へ行くのです。



その4へ続く
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pikachu0.blog65.fc2.com/tb.php/82-8df70a15

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

シーマ

Author:シーマ
ゲームとマンガが大好きです。
ガンダムはデフォルトです。
ラピュタもデフォルトです。
目が・・・目がぁぁぁっっ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。